検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
チューブの定番検査

チューブ水浸式UT装置(UTIS-MR)

超音波によりチューブ内面から残肉厚を正確に測定できる装置です。
タービン先端の反射ミラーで管壁に超音波を送受信します。水圧によってタービンが
高速回転し、ミラーも同時に回転することで全周のデータが得られます。

特長

  • 断面画像を見ながらリアルタイムの測定が可能
  • 減肉箇所の内外面区別が可能
  • モニターは別体式により狭所への適用が可能
  • 測定装置はバッテリー駆動により電源不要

仕様

  • 適用管内径:Φ9.5〜Φ65㎜
  • 測定可能肉厚:0.6〜10㎜
  • ミラー回転数:40〜60回転/秒
  • プローブ引抜速度:20〜60㎜/秒
  • 標準検査本数:30〜50本/日
  • プローブ送信周波数:10〜15MHz

記録例