検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
高速でチューブの減肉を評価

熱交チューブ渦流探傷検査装置

渦電流の乱れを検出し、熱交チューブ表層部のきずや減肉を評価できます。
導電性材料に対して非接触で実施できるため、熱交チューブの保守検査を高速で行えます。

特長

  • マルチ周波数適用により信頼性が向上
  • 探傷データのリアルタイム収録、解析による一次評価対応が可能
  • 専用解析ソフトでオフライン詳細解析・評価
  • 検査結果をカラーマッピングで表示
  • 標準検査本数:800本/日

適用例

  • 減肉率によるカラーマッピング、一覧表出力例