検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
立体物から、3D(三次元)の点群データをつくるための装置

3Dスキャナー

多数の点群データを取得し、3次元の座標情報を持つ点群データを作成します。
実寸データを活用して、配管アイソメ図作成や機器配置シミュレーションができます。

特長

  • 範囲誤差:±2㎜
  • 測定範囲:0.6〜130m
  • 測定速度:976,000点/秒
  • 連続使用時間:最大4.5時間
  • 寸法:長さ240×幅200×高さ100㎜
  • 質量:約5.2㎏(バッテリパックを含む)

仕様

  • 約5分の測定時間。
  • Wi-Fiにより遠隔操作可能。
  • 建築物などの立体図を作図可能。
  • 暗闇での測定が可能。
  • 小型軽量で持ち運びや設置が容易。

原理

レーザー光を対象物に向けて照射し反射光をキャッチすることで、対象物の3次元データを点群データとして測定します。

適用例

既設プラント配管のアイソメ図作成