検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
短時間で配管設備をスクリーニング検査

ハイパワーガイド波探傷装置(HPG)

石油・化学プラントの配管設備など、広範囲における減肉の調査に適しています。
1回の測定で配管全面のスクリーニング検査が可能なガイド波探傷装置です。
H26年度ものづくり中小企業連携支援事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)にて採択され、
産学官連携共同開発を行いました。埋設配管検査技術については研究開発中。

特長

  • 1回の測定で配管全面(内外面)のデータ取得が可能
    ※センサ近傍500㎜範囲は不感帯
  • 地上配管では数十メートルの長距離計測が可能
    ※センサより、2方向に最大40m範囲
  • 減肉検出性は断面積欠損率3%程度
    ※配管状況、距離に影響
  • リングセンサー設置スペースは、高さ50㎜、幅150㎜あれば取り付け可能(適用可能サイズ100A〜300A)
  • 広範囲(数百m)を短時間でスクリーニング検査し、詳細検査(RT、UT)との併用も可能
  • AC100V電源は使用しません(バッテリー搭載)
  • 1箇所あたり30分〜1時間程度で測定可能
  • 塗装上でも測定可能

ガイド波技術の概要

  • ガイド波は比較的低い周波数で配管表面を伝搬する超音波
  • 配管軸方向にガイド波送信し減肉があると反射
    ⇒反射信号の受信と音速から減肉位置を特定
  • センサ位置から長距離範囲を一括測定
    ※配管の板厚を測ることはできない

記録例