検査業務検索
検査業務ご紹介
検査対象を
選択してください
独自開発
広い視野角で複数のきずを同時に検出

フェーズドアレイ超音波探傷装置

プローブが複数の振動素子から構成され、電気的に位相制御することで、
きずを断面表示にて確認することが可能です。

特長

  • 断面表示によりきず又は減肉の視覚的な確認が可能
  • 広い視野角での探傷によりきず又は減肉の検出能力が向上
  • 複雑形状の対象物への適用が可能
  • 一度に広範囲の探傷が可能となり走査時間が短縮
  • 走査範囲が小さいため狭部への適用が可能
  • 測定結果は、内部メモリーまたはSDカードに
    JPEG形式の画像として保存可能

適用例